「広げよう『誰かの光』」コンセプトにMOA青少年大会

タグ:

静岡県熱海市
川野泰周医師の講演にマインドフルネス学ぶ

MOA青少年大会が11月23日、MOA美術館を会場に開催され、全国から400人を超える青年、学生が参集。その様子はライブ中継され、リモートでも多数の青少年が参加しました。今大会は「咲かせよう自らの『つぼみ』 広げよう『誰かの光』!」をコンセプトにさまざまな催しが行われ、青少年の大きな力になっていました。

 

 

第1部では、全国の青少年活動の様子が映像で紹介されたのに続いて、臨済宗建長寺派林香寺住職で精神科医でもある川野泰周医師が「マインドフルネスで育む共に慈しむ心」をテーマに基調講演。

 

「自分自身に優しさを向けるチャンスにしてほしい」「自らを大事にする心を持って初めて周囲の人に優しさを向けられるようになることを実感してほしい」と、マインドフルネスの意味、実践方法、その効果について詳説。マインドフルネスの呼吸瞑想(めいそう)、感謝の瞑想、慈悲の瞑想などを参加者と共に行いました。

 

第1部の内容は、YouTubeの下記チャンネルで配信されています。
https://www.youtube.com/watch?v=i7DOg_wun7c

 

第2部では、助産院と連携した食育活動の報告、教育者の集い、花と美に触れる体験、美しもの見つけスタンプラリーが行われました。

 

食育活動報告、教育者の集いの様子は、YouTubeの下記moa youthチャンネルで視聴できます。
https://www.youtube.com/@moayouth3646

 

PAGETOP