熱海市伊豆山地域の土石流災害に関して(7月9日現在)

2021.07.09

静岡県熱海市伊豆山地域における土石流災害により、被災された全ての皆様に心よりお見舞い申し上げます。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、捜索・救助活動の進展、被災者の皆様、そして被災地域の一日も早い復旧、復興を祈念しております。

被害発生地域の熱海市伊豆山地区の一部では、土砂災害警戒のための「緊急安全確保」(警戒レベル5)が継続して発令されており、被災地では懸命な救助活動が継続して行われています。こうした状況の中、熱海市の要請を受け、瑞雲郷敷地内、MOA美術館の駐車場と、研修施設等を、警察、消防および自衛隊の対策拠点として提供するなど、出来得る限りの支援に努めております。ご理解いただきますよう、何とぞお願い申し上げます。
なお、MOA美術館は7月9日より開館しております。

この度の東海・関東地方における豪雨により、多くの方からMOAの施設被害に関してお問い合わせを頂戴しております。おかげさまで、MOA美術館等がある熱海瑞雲郷、箱根美術館等がある箱根神仙郷、奥熱海療院等がある大仁瑞泉郷の各施設には大きな被害はございません。

救助活動に尽力する救助隊の対策拠点としてMOA美術館などの駐車場を提供(7月6日)